2004年07月30日

「姑息」7割が違う意味で理解

インフォシークニュース > トピックス > 日本語・日本文化 > <国語世論調査>「姑息」7割が違う意味で理解
「檄(げき)を飛ばす」や「姑息(こそく)」という慣用句を7割前後の人が本来とは違う意味で理解していることが、文化庁が29日発表した03年度「国語に関する世論調査」で分かった。また、常用漢字以外の漢字に対する意識を初めて調べたところ、こうした字も使うべきだとする「積極派」が「消極派」を上回った。

これ知らないって。ほとんど違う意味で覚えてた。というか、各メディ

アでも間違った使い方?してると思う。いやそもそも間違ってるのかが

疑問。もはや、今回間違っていると言われている使われ方が主流じゃな

いのでしょうか。言葉ってのは生きているもので日々進化(退化)するも

のなのだから、柔軟に対応するべきではないのか、と思いました。ざっ

と並べて見ても・・・

《慣用句等の理解度》
(○は本来の意味、△は違う意味。数字は%)

<檄を飛ばす>
○自分の主張を広く知らせる 15
△元気のない人に刺激を与える74

<姑息>
○一時しのぎ        13
△ひきょうな        70

<憮然>
○失望してぼんやりしている 16
△腹を立てている様子    69

<雨模様>
○雨が降りそうな様子    38
△小雨が降ったりやんだり  45

<さわり>
○話などの要点       31
△話などの最初の部分    59

<住めば都>
○住み慣れれば住み良く思う 96
△住むのだったら都会が良い 2


なかなか難しい。。「憮然」なんて怒っているイメージしかないし。

現実に即した調査ではないと思うけど、こういった調査で言葉の使われ

方が変わっていることが見れるのは面白いと思いました。


まずは辞書!10ヶ国語音声付翻訳機★ロイヤル通販ポイント10%還元中★送料無料!(ビジネス会話も安心20万...
10ヶ国語音声付翻訳機★ロイヤル通販ポイント10%還元中★送料無料!(ビジネス会話も安心20万...
ポケットサイズのコンパクトな本体から、10ヶ国語(10カ国語)をそれぞれの言語で、内蔵するスピーカーで伝えてくれる便利な電子翻訳機が登場!1ヶ国語あたり2万語(計20万語)、慣用句も計2,300句も収録しているので海外旅行やビジネスでの会話も充分こなせるスグレモノです。使い方も簡単、日本語をキー操作で入力し、翻訳したい言語を選べばその国の言葉を画面で表示発音してくれます。分からない単語も入力すれば瞬時に表示!ビジネス・旅行・語学取得にも役立つアイテムです。

慣用句カード 1集慣用句カード 2集
慣用句カード 1集慣用句カード 2集
「へそを まげる」「耳を すます」など、幼児のお子さまとの
普段のコミュニケーションのなかでも出てきそうな“慣用句”。
そんな“慣用句”を1集・2集併せて62(各巻31)集めました。
“ことば”の世界の楽しさと絵の楽しさで、お子さまの“ことば”
への興味はますます広がっていきます。


四字熟語・慣用句・ことわざ・名文・漢字を声に出して覚える音読みソフト!!声に出して覚える...
四字熟語・慣用句・ことわざ・名文・漢字を声に出して覚える音読みソフト!!声に出して覚える...
posted by kabigon at 08:50| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も誤解していたのが多いです。メディアでも間違って使われてるケースがありますよねぇ。
言葉の変化とみなすか、誤用とみなすかの境界線はむずかしそう〜。
Posted by カワケン at 2004年07月31日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388504

この記事へのトラックバック